奈良県立医科大学 放射線腫瘍医学講座-附属病院・放射線治療・核医学科

入局案内

お問い合せ先はこちら


入局案内

癌の放射線治療を中心に腫瘍学全般を扱う放射線腫瘍学と、核医学診断の分野で、診療、教育、研究を行っています。

放射線腫瘍学の分野では、関連する各科と緊密に連携して、悪性腫瘍の分子生物学、診断学、治療学等についての教育、研究、そして診断から放射線治療、化学療法等にいたる一連の診療をおこなっています。特に放射線治療においては「切らずになおす癌治療」をモットーにして、最新の放射線治療装置と高度な技術を導入して最先端の癌治療に取り組んでいます。現在、当科では、外部放射線治療用の高精度リニアック3台(TrueBeam STx、Trilogy、Novalis:いずれもExacTracが附属)、高線量率イリジウム小線源治療装置マイクロセレクトロン、ヨウ素125前立腺永久挿入設備、他を保有しています。また、放射線治療科のベッドも11床あり、腫瘍学における臨床研修の基本のひとつである病棟診療にも十分に対応しています。これまで本邦の放射線治療は欧米に比較するとあまり重視されていませんでしたが、21世紀の癌治療では適応患者の急増で、非常に重要な役割を果たすことが期待され、注目を集めています。

一方、核医学の分野ではアイソトープを用いた種々の検査とこれに関係する教育、研究をおこなっています。形態のみではわからない機能の評価が可能で、腫瘍、循環障害、機能・代謝異常等の広い範囲に応用しています。

目指す方へ



国際学会発表( American Society for Radiation Oncology (ASTRO))

森本陽子 医師

本年、入局しました森本です。

放射線治療は“放射線”という言葉や、地下にあることから(私もそうでしたが)なんとなく暗い印象がありませんか?

しかし、その適応は早期癌の根治照射から進行癌の緩和照射までと幅広く、また患者さん毎に微調整しながら治療計画を立てていく点から一人一人に最適な癌治療を考える上でかかせないものと思います。

治療に伴って腫瘍がどんどん小さくなっていったり、車椅子で診察に来られた患者さんが治療の終わりには歩いておられたりするのを見ると放射線治療の未来は明るいなと実感します。

少しでも放射線治療について知りたい方、研修先で悩んでいる方、是非、一度放射線治療科にお越しください。

明るいスタッフ、ピカピカの機械達とお待ちしてますね!




実習風景

当科での学生実習の声

実習では患者さんへの問診、診察から放射線治療の説明とその治療計画まで、一連の流れをさせてもらえて、実際の治療がどのように行われているかをしっかりと勉強することが出来ました。実際に患者さんとお話させてもらえることで、患者さん一人一人に対して病状や放射線治療について、いかに分かりやすく説明するかに気を配りながら会話することの難しさを感じました。患者さんのお話を聞いて印象的だったのは、長い間つらい化学療法を続けたのに小さくならなかったがんが、放射線治療をして小さくなったんだよと本当に嬉しそうに話されていたことで、心に残っています。手術も化学療法もできないと言われた患者さんにも諦めずに最後までできる治療であり、時には手術に匹敵するほどの効果を発揮する放射線治療は、がんの患者さんにとって希望になると思います。どの科の先生も、自分の分野に誇りを持って働いておられると思いますが、放射線治療の先生方はとりわけ熱いように思います。がんの種類、病期によっては放射線治療が第一選択になることなどの教科書に載っている話だけでなく、何の治療もできずに余命を宣告された患者さんが、放射線治療でうまくコントロールすることで元気に過ごされている話や、長く生きることはできなくても、放射線治療で痛みなどをコントロールすることで最後にご家族と穏やかな時間を過ごすことができた症例など、先生方が実際に経験されたお話を聞いて本当に感動しました。


スタッフ紹介

後期研修専門医養成プログラムは、原則として希望に応じて3~6年間の研修スケジュールを予定していますが、希望があればさらにその後も継続して研修~勤務あるいは大学院進学が可能です。

1.放射線医学分野の全般的な基礎研修(1~2年間)

当科は画像診断・IVR等を専門とする放射線科と緊密な協力関係にあり、後期研修の1年目は原則として、放射線治療のみでなく、CT、MRI、超音波、その他の画像診断、IVR、内視鏡等をローテーションして、放射線医学分野全般の一般的な知識・技術を取得することにしています。さらに希望があれば、2年目にもローテーションをおこなうことが可能です。(各自の希望に応じて2年目あるいは3年目から専門的な放射線腫瘍学の研修をおこなうことになります。)

2.放射線腫瘍学の分野における全般的な研修(1~3年間)

放射線腫瘍学全般の総論・基礎知識;腫瘍学総論、治療計画、代表的な腫瘍の標準治療の習得;一般外照射(肺癌、食道癌、頭頸部癌、乳癌、子宮頸癌、前立腺癌、脳腫瘍、悪性リンパ腫、他)、三次元原体照射、定位照射(転移性脳腫瘍、肺癌)、小線源治療(子宮頸癌の腔内照射)の習得、化学放射線療法(肺癌、食道癌)と病棟管理、腫瘍核医学

3.放射線腫瘍学分野における専門的な研修あるいは大学院進学(総合病態放射線腫瘍学)

(2~4年間~それ以上)
 放射線腫瘍学全般の高度な総論的知識、全身の各腫瘍の標準治療・先端治療の習得;一般外照射、三次元原体照射、定位照射、強度変調放射線治療(IMRT)、小線源治療(前立腺癌I-125ヨウ素永久挿入)、化学放射線療法、臨床試験の実施、他

本院は日本医学放射線学会の放射線科専門医修練機関、日本放射線腫瘍学会の認定施設であり、上記期間中に必要な研修を完了すれば、2年間の研修後には日本医学放射線学会の放射線科専門医一次試験を受験可能になり、次の2年間の研修後(合計4年研修後)には同二次試験を受験して放射線科専門医を取得することが可能になります。また、さらに1年後(合計5年研修後)には日本放射線学会の認定医も取得可能になります。

なお、希望に応じて研修スケジュールの変更等も可能です。気軽に相談してください(担当:長谷川正俊)。

カンファレンス・抄読会等

月曜日放射線治療計画カンファレンス、泌尿器科腫瘍カンファレンス(月1回) 、小児腫瘍カンファレンス(隔月)、脊椎・骨腫瘍カンファレンス(隔月)
火曜日放射線腫瘍学講義、全体抄読会、研修医抄読会、病棟総回診
水曜日放射線治療技術抄読会、呼吸器カンファレンス、脳腫瘍照射カンファレンス
木曜日頭頸部癌カンファレンス (月1回)
金曜日未定

その他、研修医の状況に応じて必要な教育、研修プログラムを計画します。

研修後の進路

本学大学院(総合病態放射線腫瘍学、または放射線治療専門医養成コース)への進学あるいは医員への採用が可能です。さらに希望があれば、全国の主要な大学、癌センター、主要病院、地域中核病院、その他への就職も十分に可能です。

必要があれば紹介、推薦もしますので、遠慮なくご相談下さい。なお、本学に進学または勤務した場合には米国等への留学も(原則として希望者全員)可能です。

本邦では、専門的な放射線腫瘍医が絶対的に不足しています。本院の専門的な放射線腫瘍学分野で研修後には、(将来的には)大学スタッフ(助教~講師以上)、あるいは全国の主要な癌センター、病院等の放射線治療部長、他として活躍されることが十分に期待できます。

連絡先

〒634-8522  奈良県橿原市四条町840

奈良県立医科大学 放射線腫瘍医学講座
奈良県立医科大学附属病院 放射線治療・核医学科

TEL 0744-22-3051(代表) , FAX 0744-22-4121

e-mail oncorad@naramed-u.ac.jp


gototop